フェイシャルケアの技術|高須クリニックの腕の見せ所|二重にする自信が違う

高須クリニックの腕の見せ所|二重にする自信が違う

フェイシャルケアの技術

レディー

顔にしわを作らないためにも、日頃から対策を立てることが大事です。しわには種類がありそれぞれに原因が異なるため、対策内容も異なってきます。例えば、皮膚表面の真皮層にできるしわは乾燥が原因です。そのため、この場合には普段から保湿ケアを心掛けることが重要になります。眉間の間のしわやほうれい線などは、表情筋の緊張によって生じます。いつも同じような表情をしていることでしわができてしまうのです。対策としては、マッサージやエクササイズで顔の筋肉を動かすことが大事です。肌の老化によってキメが深くなってしまうと、くっきり刻まれた深いしわができてしまいます。その原因はハリを保つコラーゲンの生成がスムーズにいかなくなったことにあるため、肌に直接潤い成分を補うことが改善に繋がります。一旦深いしわになってしまうとセルフケアでは回復が難しくなるため、美容皮膚科などで相談するようにします。早期の段階で対策する程、深刻化を免れるというメリットがあります。

しわ対策として最も重要なのは、紫外線をできるだけ浴びないようにするということです。紫外線は真皮にダメージを与えてハリを支えるコラーゲン線維を破壊してしまいます。そのため、UVカットクリームや帽子などを活用して顔に紫外線を当てないようにします。また、洗顔する時や化粧水を塗る時などの摩擦も肌に負担がかかります。摩擦でコラーゲン繊維が切断されてハリが失われるため注意が必要です。肌を触る時には、擦らずに優しく取り扱うことが基本です。定期的に美容皮膚科でメンテナンスをすることもしわ対策には有効です。表情筋の緊張を和らげるボトックス注射の他、肌にダイレクトに潤い成分を注入するヒアルロン酸注射などしわ対策に最適な施術を手軽に受けることができます。